パリ土産 ~その7~

画像


見た目がとってもキュートなフレグランス、女子心をくすぐりますね。


Fragonardo(フラゴナール)は、1926年に南仏プロバンス地方の町・グラースに誕生したパフューマリー。
香水の歴史・文化を人々に伝え、社会的、文化的に香水業界に貢献している素敵なブランドです。


人気の練り香水6点を選んでもらいました。

【Concerto コンセルト】(クローバーの絵)
マンダリンとベルガモットがティー、アンバー、ジャスミンの中に溶け込みます。

【Eau de hongrie オードオングリ】(馬蹄の絵)
世界最古のフレグランスと呼ばれる香水、14世紀に創られた「ハンガリーウォーター」の香り。

【Cologne コローニュ】(バスティーユの絵)
マンダリン、オレンジ、ベルガモットやラベンダーとネロリが溶け合ったハッピーな香り。

【Suivez-moi シュイヴェモア】(凱旋門の絵)
ベルガモット、ライム、ラベンダーとバニラがブレンドした遊び心ある香り。

【I'le d' amour イルダムール】(モンマルトルの絵)
キンモクセイ、バラ、ジャスミンなどがムスクとアンバーを背景に香り、甘く透明感のある香り。

【Eau Fantasque オーファンタスク】(ノートルダムの絵)
“夢見がちな水”と言う意味を持ち、変化に富んだ香り。ジャスミン、フリージアがグレープフルーツとブラックカラントの香りへと表情を変えます。


そして卵型の可愛い石鹸は、Magnolia・Rose・Chevrefeuille・Lavande・Fleur d'oranger・Jasminの香りがします。


何故だかパリは可愛い&素敵な物が多くて・・・ついつい誘惑に負けてしまいます







この記事へのコメント