牛スネ肉のポトフ

画像


夫の実家へ遅めのお年始、出かけた時に大活躍の作り置きメニュー、ポトフは便利ですね。


年末にNational Den-enで購入しておいた黒毛和牛のスネ肉、こちらのお肉は毎回霜が降っていてとっても良いんです。


画像



お肉に塩・コショウをして焼き色を付けて、愛用のシャトルシェフへ水と一緒に投入!

一旦沸かして茹で汁を捨てると、無駄な脂やクサミなどが落ちて良いですよ。

野菜を加えて味を調えた後はお鍋に任せるだけ、煮崩れる事なくホロホロに柔らか~いお肉になります。

じゃがいもは直ぐにグズグズになるので、食べる当日に私は入れます。

実はこの牛のポトフ、母がお節に飽きるからと言って年末に仕込んでお正月に良く食べたんです。

母は贅沢にバラ肉を使っていましたが、私が思うに反ってスネ肉の方が良い味が出るような

赤ワインで濃厚に煮込むのも良いですが、素スープ!?もさっぱりしていてオススメです。








この記事へのコメント