京都でランチ【その3】

今回の京都では、女性一人でも良さ気なお店をあれこれと探してみました。


画像


四条烏丸、大丸近くのじき宮ざわでランチ。ミシュラン☆のお店です。


名物の焼胡麻豆腐、もうとっても美味しくて幸せ

胡麻豆腐に片栗粉をまぶし、オーブンで焼き上げ胡麻クリームと煎り胡麻をトッピングした一品です。

胡麻豆腐を焼くだなんて・・・全く持って思いもよらぬ調理ですよね。

前日に予約をすれば、お持ち帰り可能だそうです。


画像



カウンター10席のこじんまりとした店内、店主をはじめ皆きびきびとした動き。

食前酒の"抱腹絶倒"を店主が挨拶方々注いでくださいました。


画像



旬のほたるいかと山菜の酢味噌和え


画像



若竹煮


画像



めばち鮪の塩昆布和え、からし菜の辛味と青海苔の香ばしさが絶妙~

赤身に塩昆布・・・我家では白身で作りますがこれも想定外の組み合わせでした。


画像



〆はこちらも評判なんですよ~

釜で炊いたご飯を一膳目、二膳目と・・・時間の経過によってシャリの食感や旨味を味わうんです。

香の物(オクラが珍しかったです)もおかわり自由、お味噌汁と美味しく頂戴しました。

そして最中とお茶でほっこりです。


帰り際、店主がお見送り。こだわった素材を丁寧に・・・素敵なお店に出遭えました。






この記事へのコメント