紅葉の京都でご飯【その2】

おつだね~京都で洋食


画像



関谷江里さんのブログで何度となく取り上げられている、プチレストランないとうで初日のディナーです。


本日の海鮮オードブル、鯛と蟹とかぶらのサラダです。

これがもう絶品 旬のかぶらの甘さが活かされていて、絶妙な組み合わせでした。



画像



店内はカウンター席とお座敷、洋食屋さんにしては和のテイストもあって・・・やっぱり京都だな~と。


画像



二種類の生ハムとチーズ(本日の前菜一皿目)、干し柿の甘さが合います。


画像



・牡蠣フライと海老のマリネ(本日の前菜二皿目)

・揚げ海老いもと白子のソテーのスープ

このスープがまた何とも言えない美味しさ・・・鰹だしがベースになっています。


画像



メインを私は車えびのクリームコロッケ。シェア出来るようにとマスターの内藤さんが2尾で


画像



夫はビフカツ(黒毛和牛ヒレ)をチョイス。

クリームコロッケのソースがデミだったので、醤油マスタードでサッパリと・・・お味の変化を楽しみました。



画像



カウンターを隔てて、マスターのキビキビとした動きに目が行きます。

スタッフの女性もとっても感じが好くって・・・

やっぱり出てくる料理の作り方に興味が沸いて、あれこれとマスターに質問しちゃいました。

気さくに対応してくれるマスターに感謝です。



画像



〆はカレーライスと豚汁、私はデザートもあるので夫のを一口もらいました。

今日は蟹カレーだとか、蟹の風味の後に辛さがじんわり~


画像



デザートのプリンとエスプレッソで、ご馳走でした


全般的に美味しかったのですが、ディナーは7800円~(メインに追加料金有り)のコースのみ。

小食の私にはややHeavy、夫が一緒で良かったですぅ。

そうそう常連さんらしきお客さんには、アラカルトなのかしら?私たちとは違ったお料理が次々と出ていました。

さてさて、CPの良し悪しは












この記事へのコメント