CENTRE THE BAKERY

画像


カリカリッと香ばしく焼けたイギリスパン


画像



銀座にVIRONの新しいお店、食パン専門のCENTRE THE BAKERYが6/21にOPEN。

昼間は食パン販売とサンドイッチカフェセントル・ザ・ベーカリー、夜はVIRONのパンとワイン、チーズやシャリュキュトリを楽しめる食堂ラ・カンティーヌ サントル

昼と夜で異なる名前とスタイルを持つパン屋さんです。


料理通信6月号で特集していて、食パン好きの私としてはもう待ち望んでいました~

店内は北欧チック、2フロアーあって手前は写真のように明るく奥はシックな雰囲気です。


画像



メニューにはサンドイッチもあったのですが、やはりここは自慢の食パンを食べ比べないとね。

ここでまたユニークなのが・・・


画像


トースト用のトースターを自分でチョイスするんです

Russell HobbsティファールDualitKMIX(デロンギ)などのポップアップ式のトースターが約10種類。

私はデロンギのICONAでトーストする事にしました。


画像



Aのジャムセット、食パンはしっとりもちもち国産小麦の食パン山型イギリス食パン(カナダ産小麦)をオーダーしました。


画像



francis miotのジャム数種とはちみつ、そして自家製ピーナッツバター。

このスタイルはVIRONの朝食と似ていますね。


画像



パンの生地が柔らか~い

湯種製法の食パンだからこそなんでしょうね。

ゆめちかrの生地、しっとり&甘みも感じられ美味しいです。


画像



セットには、美瑛の放牧酪農場産低温殺菌牛乳も。

ただ私はあまり牛乳は得意で無いのよね~(汗)


画像



バゲット生地が2割入っているイギリスパンは、角食よりあっさりしているかな?


画像



カフェのお隣がパン工房、2斤で各840円です。

一見お高い なんて思うかもしれませんが、ルセットのような超高級なパンもある時代。

この美味しさからしてみれば、お安いかも(笑)

そう思いながらも、まあ食パンは自分で焼くのが一番だと。

そうそう、ピーナッツバターが美味しかったので購入しようと思ったのですが、今現在は販売していないとの事


次回は気になっているサンドイッチ・・・勿論、エビフライサンドをトライしたいな~

6300円の黒毛和牛のビフカツサンド、料理人の拘ったソースをまとって相当美味しいらしいですよ~



セントル ザ・ベーカリー

【住所】 東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル1F
【電話】 03-3562-1016
【営業時間】10:00~18:00(16:00L.0 パンの販売は18:00まで)




この記事へのコメント