【初春の京都土産】ギャラリー遊形

画像



missionを終えたら拍子抜け
終日、ゆったりと3月の京都に想いを


画像



京都の老舗旅館と言えば俵屋さんと柊屋さん

かれこれ20年位前かな?柊屋さんには、従兄妹の結婚式の帰りに伯母と一緒に家族で泊まったのですが殆ど記憶が無く

昨年の今頃も俵屋さんの前を通って・・・一生に一度で良いから泊まってみたいな~っと

常に高いサービスともてなし、料理はもちろんですが石鹸、寝具などアメニティー等も納得するものしか扱わないとか。

そんなこだわりの、俵屋さんオリジナルグッズがギャラリー遊形で手に入るんです。

センスの良い品揃え、スタッフの方の対応も流石です。


画像



でね・・・釘付けになったのがこちら

何だと思いますか?


画像



俵屋さんオリジナル、パン籠なんですよ~

俵屋さんの朝食(洋食)では、パンがこの籠に盛られて供されるそうです

あくまでも私のイメージですが、こんな感じかしら??

旅館の朝食となるとつい和食を選びがち・・・でもね、何時か夢が叶って俵屋さんに泊まれたら絶対洋食です(笑)


画像



そして天然香料をブレンドした石鹸、とっても好い香りです。


画像



お隣には落ち着いた雰囲気の遊形サロン・ド・テ、次回はこちらでお茶を愉しみたいものです。




ギャラリー遊形/遊形サロン・ド・テ

【住所】京都府京都市中京区姉小路通麩屋町東入ル北側






"【初春の京都土産】ギャラリー遊形" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。